楽天銀行のフラット35に対する口コミ・評判についてご紹介しましょう

楽天銀行のフラット35というのは、ネットバンクの中でも国内で最大クラス楽天銀行が提供している住宅ローンで、長期の固定金利タイプのものです。楽天銀行のフラット35の住宅ローンの基本情報についてご紹介しましょう。

 

楽天銀行のフラット35のローン金利は、住宅ローンのフラット35を提供している銀行の中では一番安いレベルです。住宅ローンのフラット35を利用したい場合には、事務手数料も安いため、一最もおすすめのものです。ネットバンクの中でも、楽天銀行というのは老舗です。

 

フラット35は、住宅ローンとしては力を相当入れているそうです。最近では、ネットバンクとしては他の銀行などに対してサービスがユニークなものなどがあり人気になっています。楽天銀行のフラット35の住宅ローンの融資保証料は無料、事務手数料は借入額の1.35%、一部繰上返済する場合の手数料は無料、団信保険料は無で別途加入することは可能、借り換えローン利用は可能になっています。

 

楽天銀行のフラット35に対する口コミ・評判についてご紹介しましょう。

 

30代の男性の満足であるという口コミ・評判です。

 

住宅ローンの長期固定のものを利用したかったため楽天銀行に決めました。
口座を楽天銀行に持っていたため、さらに事務手数料が割引になりました。

同じく、30代の男性の満足であるという口コミ・評判です。

 

銀行のローンは自営業なので難しいと言われました。
事業主・経営者というのは、フラット35が適しているということを聞いたため、楽天銀行を選択しました。
無事に審査にも受かって、希望していた物件を買うことができました。

20代の女性の普通であるという口コミ・評判です。

 

だいたい満足しています。
繰上返済する場合に手数料がかからないのはいいのですが、別の銀行ではさらに少額から利用できるのに、楽天銀行のフラット35の場合はかなりまとまった100万円以上の金額が必要であることが少し不満です。

20代の男性の不満であるという口コミ・評判です。

 

楽天銀行ではなくて、フラット35そのものについての不満ですが、規制が延べ床面積に対してあることは不満です。

 

このように楽天銀行のフラット35に対する口コミについて見てみると、不満であるという口コミもありますが、これは楽天銀行に対するものではないため、基本的には非常におすすめではないかと思います。

 

 

住宅ローンの中で、楽天銀行のフラット35がもっとも低金利

 

楽天銀行では、フラット35という名称の住宅ローンを提供していますが、以前から、他の銀行と比較しても非常に金利が低いローンとして人気を集めています。フラット35を取り扱う金融機関は約340社ありますが、その中でも最も低い利率となっています。さらに、金利の他に融資に際して支払う事務手数料も、一般的な率よりも低く設定されています。

 

フラット35は固定金利ですので、将来的に金利が上がる可能性がなく、安心して借り入れることができます。変動金利ですと、将来、予想以上に金利が上がった時に支払がきつくなることもあり得ますが、固定金利なら数字が分かっているので見通しが立てやすくなります。

 

一般的に、固定金利ですと変動金利に比べて利率は高めになることが多く、その点が短所だと言われていますが、楽天銀行のフラット35は固定でありながら利率が低く抑えられている貴重なローンです。楽天銀行を利用すれば、返済総額を少なくし、かつ、確実な支払計画を立てることができます。

 

このように、金利の低さと安定性が両立されているところが楽天銀行フラット35の最大のメリットと言えるでしょう。もう一つの注目点が『スマイルプログラム』これは楽天銀行だけの特典で、2種類のコースに分かれており、フラット35の利用者のためのいろいろなサービスが用意されています。

楽天銀行のフラット35を利用する際、どのような審査が行われるのでしょうか?

 

低金利で安定性があるため、魅力の大きい楽天銀行のフラット35ですが、審査に通りにくければ実際に利用するのは難しいですよね。では、楽天銀行の審査はどのようなものでしょうか。

 

楽天銀行のフラット35は、他の住宅ローンと比べて特色のあるローンですので、その辺をしっかり確認した上で利用を検討することをお勧めします。楽天銀行では、一般の銀行とは審査のやり方がちょっと異なります。そのため、一般の銀行では融資を断られるような方でも融資が通る場合もありますし、申込みの状況によって審査の結果が変わることもあります。

 

例えば、自営業者の方の場合です。
一般の銀行ですと、自営業者に対して全額を融資してもらえることはほとんどないと言ってよいと思います。しかし、自営業者の側から見れば、営業していくにあたってどうしても事業資金が要りますので、手持ちの資金を使うことには抵抗を感じることが多いのです。楽天銀行のフラット35は、自営業者が手元に資金を残しつつ、融資を受けるということが可能です。

 

さらに、普通の銀行では、夫婦のうち、妻のみが住宅ローンを組むことはかなり困難です。銀行は、夫も債務者としてサインするように要求してきます。これに対して、楽天銀行のフラット35では、妻のみで住宅ローンを組むこともOKなのです。

 

それから、通常の銀行のローンでは、必ず団体信用生命に加入するように言われます。団体信用生命に入れない場合は、銀行の審査に通りません。この生命保険の保険料は、金利から支払われるので、実質的に借入者が負担することになります。これに対して、楽天銀行のフラット35なら、団体信用生命は必須ではありません。原則として団体信用生命に加入、ということにはなっていますが、事情があって加入したくない場合は、加入せずに住宅ローンを組むことは可能です。

 

ただし、団体信用生命に入らない場合は、万一ローンを組んだ者が死亡した場合、自宅を売却するか、あるいは遺族が返済することになりますので、万が一の場合の備えができているかどうか確認する必要があります。例えば、他に生命保険等に加入しているなどの事情があり、支払いに問題がない場合であれば、団体信用生命に加入しないという選択肢を取ることもできるでしょう。

 

楽天銀行のフラット35には、以上のような特色があります。通常の銀行ではハードルが高い場合でも融資を受けられるケースがありますので、非常に利用価値があるのではないでしょうか。